新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くのお客様でテレワーク(在宅勤務)の導入が広がっているとお伺いしております。

これを受け、LegalForceでは、先日実施したアンケートの中から、ご要望の多かったテレワークに関連するひな形・書式を3種、「LegalForceひな形」に追加しました。

● 在宅勤務における業務内容変更に関する覚書
在宅勤務を導入するにあたり、従来の雇用契約で定めた就業条件(就業時間・就業場所・業務上の情報に関する取扱い等)とは異なる就業条件を設定する際に、就業条件の変更について従業員と合意するための覚書です。

● 在宅勤務における備品貸与等に関する誓約書
在宅勤務を導入するにあたってパソコン等の業務上使用する機器を従業員などに貸し出す場合に、機器の貸し出しのルールを定め、従業員に誓約を差し入れてもらうための覚書です。

ハイブリッド型バーチャル株主総会の招集通知・議事録
リアルの開催場所を設けつつ、オンライン等での参加及び出席を認める「ハイブリッド型バーチャル株主総会」を開催する際に必要な招集通知と議事録です。
  

「LegalForceひな形」は、契約書ひな形270点以上を提供しています。

・ LegalForceユーザーはいつでもWordファイル(.docx)でダウンロードできます。
・ 法律事務所ZeLoとLegalForceの法務開発チームの手で常に管理されており、
 法令改正などにもタイムリーに対応しています。

関連記事:LegalForceひな形を利用する
  

ご不明点等ございましたら、お気軽に support@legalforce.co.jp またはアプリ内のヘルプチャットまでお願いいたします。

回答が見つかりましたか?