この度、LegalForceの自動レビュー機能について、以下3点のアップデートを実施しました。

1. レビュー対応類型(特許ライセンス契約、普通建物賃貸借契約、英文売買基本契約(英国法準拠) )を拡充。

2. レビュー対応類型「英文秘密保持契約(英国法準拠)」に「双方開示」の立場を追加。
3. レビュー対応類型「労働者派遣基本契約」のポリシーを更新。

 
・・・

  

1. レビュー対応類型(特許ライセンス契約、普通建物賃貸借契約、英文売買基本契約(英国法準拠) )を拡充。

LegalForceの自動レビュー機能が「特許ライセンス契約」、「普通建物賃貸借契約」、「英文売買基本契約(英国法準拠)」に対応し、対応類型は28類型まで拡充しました。

【ブラウザ版】

【アドイン版】

なお、今回リリースした「特許ライセンス契約」、「普通建物賃貸借契約」の2類型においては類型自動認識機能が未搭載のため、自動レビューを実施する際は類型及び立場をご自身でご選択ください。今後のリリースを予定しており、実装され次第、ご案内いたします。

* LegalForceでご利用いただける類型の一覧はこちらからご確認ください。

【追記】
2020月4月6日:「特許ライセンス契約」、「普通賃貸借契約」の類型自動認識機能が搭載されました。

  

2. レビュー対応類型「英文秘密保持契約(英国法準拠)」に「双方開示」の立場を追加。

「英文秘密保持契約(英国法準拠)」に「双方開示」の立場を追加しました。

【ブラウザ版】

【アドイン版】

  

3. レビュー対応類型「労働者派遣基本契約」のポリシーを更新。

2020年4月施行の労働者派遣法の改正では、契約書の法定記載事項が追加され、派遣先と派遣元のそれぞれに新しい義務が課されました。

これに伴い、レビュー対応類型「労働者派遣基本契約」のポリシーを改めました。

   
ご不明点等ございましたら、お気軽に support@legalforce.co.jp またはアプリ内のヘルプチャットまでお願いいたします。

回答が見つかりましたか?