今まで全体で統一したポリシーのみ設定可能でしたが、ポリシーを個別に設定できるようになりました。また、全体で統一したポリシーと個別に設定できるポリシー、どちらを適用するか選べるようになりました。

全体ポリシー/個人ポリシーとは

ポリシー制御画面では、レビュー時に使用される指摘事項の重要度レベル(ポリシー)を設定できます。ポリシーは、全体ポリシーと個人ポリシーの2種類が存在します。各ユーザーは、どちらかのポリシーでレビューができます。

全体ポリシー

ユーザー全員が共通して持つポリシーです。
権限が「オーナー」または「管理者」であるユーザーのみが、全体ポリシーにおける指摘項目の重要度を変更できます。全てのユーザーに全体ポリシーを適用することで、社内でポリシーを統一できます。

個人ポリシー

ユーザーが個人的に利用できるポリシーです。
権限に関わらず、全てのユーザーが、自分の個人ポリシーにおける指摘項目の重要度を設定できます。

全体/個人ポリシーの変更方法及び初期設定

全体/個人ポリシーの変更方法

各ユーザーがレビュー時に、全体ポリシーまたは個人ポリシーのどちらを使用するかは、ユーザー管理ページから設定できます。設定権限は下記のとおりです。
管理者(オーナー):オーナー、管理者、メンバー権限を持つ全てのユーザーの設定ができます。
管理者:管理者とメンバー権限を持つユーザーの設定ができます。
メンバー:設定できません。

個人ポリシーの初期設定

新規アカウントを作成した場合、個人ポリシーの初期設定は「おすすめ重要度レベル」ではなく、「全体ポリシーと同じもの」が初期設定されます。

回答が見つかりましたか?