LegalForceでは2019年9月2日からユーザの追加・削除・権限変更をお客様側でご実施いただけるようになりました。

LegalForceでは、ご契約時にアカウント数上限(「スロット」)を設定させていただき、スロットの範囲内でご指定の任意のユーザをメールアドレスで追加できます。

各組織に「オーナー」という最上位管理権限者を1名設定させていただいております。
利用開始時にこちらの「オーナー」アカウントのみLegalForce側から発行させていただきます。
「オーナー」の皆様には、ご自身でLegalForceから同僚や上司の方のアカウントを追加いただきたく、よろしくお願いいたします。
LegalForce利用開始後に異動や入退社等によりアカウントを追加・削除する必要が発生した場合も、同じように操作いただけます。
なおアカウント数上限の追加を希望される場合は、弊社サポートチームまでお問い合わせください。

権限タイプの分類

ユーザーの追加手順

ユーザーの追加は、下記の手順です。

  1. LegalForceの画面左のサイドメニューから【アプリケーション設定】 -> 【ユーザー管理】を選択。
  2. 画面上部(①部分)の【+ユーザーの追加】を選択。
  3. ダイアログにしたがってメールアドレスとユーザ名を記入し、ユーザを追加。
  4. ユーザ追加完了後、追加されたユーザのメールアドレスにログイン情報(パスワード等)記載の通知メールが届きます。

新規のユーザーを追加できない場合

新規のユーザーを追加できない場合は、下記の可能性があります。

  • ご自身の権限が「メンバー」である ... ユーザー管理ページ又は画面右上のアイコンをクリックしてご確認いただけます。
  • ユーザー数上限に達している... 「現在のユーザー数(XX / YY)」で XX = YY である場合(例: 「3 / 3」「5 / 5」など)契約上のユーザー数上限に達しています。利用枠の追加をご希望の場合、LegalForceサポート窓口(support@legalforce.co.jp)までご用命ください。
    * 2019年9月2日以前にご契約の場合、ユーザー数上限が一時的に契約数表示ではなく、現在の有効ユーザー数となってしまっている場合がございます。こちらも上記サポートチームまでご連絡いただけますと幸甚です。

なお「管理者」は「メンバー」の権限を、「管理者(オーナー)」は「管理者」と「メンバー」の権限をそれぞれ変更することができます。また、「ユーザーを無効化する」ことにより、ユーザーを削除することができます(ただし「メンバー」に限ります。無効化したい対象ユーザーが「管理者」の場合は、当人の権限を「メンバー」に落した上で削除を実行してください。なお「管理者(オーナー)」の場合、オーナー権限を別のユーザーに譲っていただく必要がございます。オーナーの変更をご希望の場合は、弊社サポートチームまでご連絡いただけますと幸甚です。)。

ユーザー数上限に達しているときで、異動等があり、ユーザーを入れ替える必要が発生した場合は、まず既存ユーザーを「メンバー」にして、無効化したうえで、新しいユーザーを追加いただくとスムーズに実施いただけます。

2019年9月2日以前に、利用を開始されているお客様

なお、2019年9月2日以前に利用を開始されているお客様については、弊社側で「管理者(オーナー)」の設定は行っておりません。「管理者(オーナー)」の設定は、ご要望に基づき、弊社サポートチームにて実施させていただきますので、お申し付けいただけますと幸甚です。

回答が見つかりましたか?