ユーザーの追加/権限変更/無効化は、[アプリケーション設定] → [ユーザー管理] から可能です。

 

✓ 目次

  1. 権限タイプの分類
  2. ユーザーの追加
  3. ユーザーの権限変更
  4. ユーザーの無効化

 

・・・

  

1. 権限タイプの分類

  

▲TOP

  

2. ユーザーの追加

LegalForceでは、導入契約にてアカウント数の上限(=スロット)を設定します。

「管理者(オーナー)」または「管理者」は、スロットの範囲内でユーザーを追加することができます。
  

画面上部にある[+ユーザーの追加]を選択。

ユーザー名とメールアドレスを入力し、[追加]をクリック。

※ユーザー名は、LegalForce上で表示される名前となります。

ユーザーが追加されます。

入力したメールアドレス宛に「LegalForceへの登録が完了しました」という件名の案内が届きます。

メールの内容に従ってLegalForceにログインしてください。 

*
関連記事:ユーザーの追加ができません

 
▲TOP

  

3. ユーザーの権限変更

ユーザーの右端にある「・・・」マークをクリックすると、そのユーザーの権限の変更が可能です。  

3.1 ユーザーを「メンバー」から「管理者」に変更する

「管理者(オーナー)」又は「管理者」が、変更する権限を持ちます。

3.2 ユーザーを「管理者」から「メンバー」に変更する

「管理者(オーナー)」又は「管理者」*¹が、変更する権限を持ちます。

*1 「管理者」は自身の権限のみ変更することが可能です。 

3.3 「管理者(オーナー)」権限を他ユーザーに委譲する

「管理者(オーナー)」の無効化や権限変更が必要となった場合、他のユーザー(管理者)にオーナーを委譲する必要がございます。

現「管理者(オーナー)」のみ、他ユーザー(管理者)へ権限移譲が可能です。

「管理者(オーナー)」と「管理者」の権限が入れ替わります。

  

▲TOP

 

4. ユーザーの無効化

産休や異動などでアカウントを利用しなくなった場合、ユーザーを無効化して利用上限枠(=スロット)を空けることができます。

ユーザーの右端にある「・・・」マークをクリックすると、権限が「メンバー」のユーザーを無効化することが可能です。

「管理者(オーナー)」又は「管理者」が、無効化する権限を持ちます。

ユーザーを無効化した分、スロットの枠が空きます。

無効化したユーザーの一覧を確認するには、画面右上の[現在のユーザー]をクリックし、[無効化されたユーザー]を選択してください。

スロットの枠が空いている場合、一度無効化したユーザーを有効化することも可能です。

4.1 「管理者(オーナー)」又は「管理者」を無効化する方法

①「管理者」のユーザーを無効化する

対象のユーザー権限を「管理者」から「メンバー」に変更した後、無効化してください。

関連記事:ユーザーの権限変更

② 「管理者(オーナー)」のユーザーを無効化する

「管理者(オーナー)」を無効化するためには、他のユーザーに権限を委譲する必要がございます。
「管理者(オーナー)」権限を他ユーザーに委譲して「管理者」になり、 更に「管理者」から「メンバー」に変更した後、無効化してください。

関連記事:ユーザーの権限変更
  

4.2 ユーザーを削除する方法

ユーザーを削除する(ユーザーデータの抹消)機能は提供していません。

しかしながら、「間違えて社外のメールアドレスを登録してしまった」など、LegalForce上からユーザーデータの抹消が必要な場合には、LegalForceサポートチームで対応いたします。

削除したいユーザーを無効化した上で、お問い合わせください。

*ユーザーを削除すると、アップロード済みのファイルや、レビュー数レポートからユーザー名が消去されますのでご注意ください。

 

・・・

※2019年9月2日以前に、利用を開始されているお客様

 2019年9月2日以前に利用を開始されているお客様については、
弊社側で「管理者(オーナー)」の設定は行っておりません。
「管理者(オーナー)」の設定は、ご要望に基づき、
弊社サポートチームにて実施させていただきますのでお申し付けください。

 
▲TOP
  

ご不明点等ございましたら、お気軽に アプリ内のヘルプチャットまたはsupport@legalforce.co.jp までお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?