こんにちは、LegalForceサポートチームです。

先週の英文での条文検索・類似契約書レコメンドに続き、今回はレビュー機能での大幅なアップデートです。
LegalForceの自動レビューは以前より指摘の数が多すぎる、とお叱りを受けておりました。

アプリケーション設定から指摘項目の重要度を切り替える機能はあるのですが、お客様からは一件ずつ設定するのが煩雑だとして「細かい点や一般的ではない論点など、一括で非表示に設定できないか?」とのご要望をいただいておりました。 

今回、これに応え、契約類型・立場ごとに「重要度をおすすめ設定にする」ボタン一つでLegalForce法務開発チームの設定した「おすすめ重要度」にご設定いただけるようになりました。

「おすすめ重要度設定」の実施方法

「おすすめ重要度設定」の例

今回ご対応した類型は下記のとおりです。

  • 秘密保持契約
  • 業務委託契約(準委任型)
  • 取引基本契約

各レビューポイントについて、なぜ「非表示」「要反映」などとしたかについて解説した資料をご提供可能でございます。担当者またはsupport@legalforce.co.jpまでお気軽にお申し付けください。
なお、こちらの機能を利用するには権限が「Admin」である必要があります。ご自身の権限を確認するには、こちらをご参照ください。

また、こちらの機能を利用すると、それ以前に変更いただいた重要度設定は、上書きされてしまいます。ご注意ください。

なお、この3類型以外の類型ではまだご対応がございません。今後、逐次対応してまいりますので、お待ちいただけますと幸甚です。

回答が見つかりましたか?