LegalForceというと「自動レビュー」というイメージが強い方も多いかと存じますが、
実は「条文検索」と「類似文書レコメンド」というナレッジマネジメント機能が便利です。

本日はそちらの機能について、大幅なアップデートをご案内いたします。

1.「条文検索」で英文が検索可能に!

LegalForceでは従来、日本語契約書を対象に、条文単位で必要な過去例を探す「条文検索」機能をご提供してまいりましたが、この度、英文でもご利用いただけるようになりました。

「社内ライブラリ」に英文契約書をアップロードいただければ、条文単位で自由に検索できるようになっております。

また、これに併せ、「LegalForceライブラリ」にも、英文契約書の搭載を開始しております。
こちらは法律事務所ZeLo・外国法共同事業が作成しており、日本法をベースとしつつ、相手方に対する日本法の英文での説明なども添えて、ご利用いただきたやすいフォーマットとなっております。

今回は下記の類型を追加しました。
「LegalForceライブラリ」からダウンロード・ご利用いただけます。

  • 秘密保持契約(中立)
  • 秘密保持契約(開示側有利)
  • 秘密保持契約(受領側有利)
  • 取引基本契約(買主側有利)
  • 就業規則
  • 職務発明規程

2. 「類似契約書レコメンド」が英文契約書でも利用可能に!

レビュー中の契約書と類似する契約書(例: 相手方のコメントしたバージョン v. 自社ひな形、最新の更新契約ドラフト v. 前回の契約最終版)を自動レコメンドする機能を提供してまいりました。こちらも英文に対応します。自社の英文NDAひな形を相手に変えられたとき、相手方と似たような英文契約を過去に結んでいるが見つけられないとき、お役に立つかと思います。

3. ご利用いただくには。

これらの機能の利用には、お客様の「社内ライブラリ」に契約書をアップロードいただく必要があります。こちらも、英文、日本語、混ぜてアップロードしても自動で言語を識別する機能をこの度搭載いたしました。

なお、本機能のリリース前に既に入っていた契約書が、条文単位ではなく全文表示されてしまう現象がございます。そちらについてはこちらの記事をご確認いただけますと幸甚です。
ご不明点等ありましたら、チャットまたは support@legalforce.co.jp までお願いいたします。

今後とも、LegalForceをよろしくお願いいたします。

回答が見つかりましたか?